自分がブラックなどかどうかをブラックリストを調べる方法と内容の確認のしかたを紹介したいと思います。

自分がブラックかどうかを確認

なぜか金融会社に申し込んでも審査に落ちてしまう、必要な時に借りることができない。。そんな方はブラック扱いになっている可能性があります、理由は様々ですが過去に長期延滞があった方や完済する前に業者がなくなってしまった方など、どちらにしても事前に自分がブラックなのかどうかを知っておいたほうがいいですよね?そんな方の為にブラックかどうかを調べる方法を紹介したいと思います。

信用情報機関でブラックか調べる

調べる方法の前にまずどこを確認すればブラックかどうかわかるかを紹介したいと思います、「個人信用情報機関」に情報の開示請求を行えばブラックなのかどうかわかるのですが、この信用情報機関は1つではなく3つあります。

まず1つめはCIC(シー・アイ・シー)という機関ですこれはクレジットカードの情報が載っています、次にJICC(日本信用情報機構)という機関です、こちらはキャッシングなどの情報が載っています、そして最後が「全国銀行信用情報センター」です、こちらは銀行での履歴になります、ただし全ての銀行がここに加盟してるかというとそうではなく、三菱東京UFJ銀行と一部の地方銀行になります。それぞれ載っている内容に違いがあるので自分に合った信用情報機関に開示請求するようにしましょう。

クレジットカードを作りたいだけならCICだけでいいですし、金融会社から借入をしたい場合はCICとJICCを開示する必要があります、住宅ローンやカーローンなど銀行からお金を借りる場合は「全国銀行信用情報センター」の開示が必要ということですね。

CICの開示方法

ブラックかどうかCICに開示請求を行う方法を紹介したいと思います、開示方法はパソコンでの開示、携帯・スマホでの開示、郵送での開示、窓口での開示という方法があります。

まずパソコンと携帯、スマホの開示について紹介したいと思います、基本は同じなので確認してください。まずICのホームページへ行き、手続きを進めます、まず受付番号を取得するのですが受付番号取得用の電話番号にクレジット契約をした際に利用した携帯番号か自宅の番号からかける必要があります、その番号からかけると受付番号を取得することができます、取得したらその内容を入力します、PDFファイルがでるのでダウンロードして完了になります。

次に郵送での確認方法を紹介したと思います、郵送の場合は本人か代理人かで必要書類が変わってきますが今回は本人での説明をしたいと思います、本人の場合は申込書を作成します、申込書はCICのホームページから印刷することができます、次に本人を確認する書類が必要になります、本人確認書類は2つ必要で組み合わせはホームページから確認することができますが、運転免許書のコピーと住民票(本籍地・個人番号の記載がないもの)で問題ありません、次にゆうちょ銀行で定額小為替証書1000円を購入します、それらを封筒に入れて「首都圏開示相談室」宛に送ります、送ったら10日前後に自宅に郵送されてきます。

最後に窓口での情報開示の流れになります、地域によっては窓口がないところもありますので窓口で開示をしたいと思われた方は自分の住んでいるところに窓口があるか調べておきましょう、まず窓口にいきます、タッチパネルで受付をおこない本人確認を行います、その際に身分証が必要になりますのでパスポートや免許などを持っておきましょう、これで手続き完了で開示報告書をうけとって完了になります。

JICCの開示方法

次にJICCでブラックかどうかの開示を行う方法を紹介したいと思います。こちらは携帯、郵送、窓口の3つの開示方法がありますのでそれぞれ説明していきたいと思います。

まず携帯電話による開示の方法ですがガラケーの対応はしておらずスマホからのみの受付になるようです、OSもしばりがあるようなのでその辺が不安な方は窓口か郵送での開示をしたほうがいいでしょう、それでは手順ですがJICC書類送付アプリをダウンロードします、アプリを起動させ、「開示申込」を押します、規約を見て空メールを送信すると申込専用のURLがメールで届くのでURLをクリックして必要事項を記入していきます、入力完了後に「アプリ起動」を押して次は本人確認の書類を添付して送信します。完了後にまたメールが届くので手数料を支払完了になります、結果は自宅に郵送で届きます。

次に郵送による開示方法ですが、まず開示の申込書を作成します、これはJICCのホームページから印刷して作成することが可能です、作成した書類と定額小為替証書1000円分、本人確認書類を同封して株式会社日本信用情報機構の開示窓口宛に送ります、1週間から10日前後で開示結果が届きます。

最後に窓口ですが東京か大阪にしか窓口はありません。窓口での手続きはまずは受付をします、そのあとに申込書に記入をして500円の手数料を支払して開示結果をもらいます。窓口はその日にもらえますが東京と大阪にしかないようなのでそれ以外の方はスマホか郵送になると思います。

全国銀行信用情報センターの開示方法

最後に全国銀行信用情報センターの開示方法を紹介したいと思います、以前までは窓口での開示もできていたようですが現在は郵送のみの開示になるようです。

それでは郵送の開示方法ですがまず登録情報開示申込書を作成します、こちらは全国銀行信用情報センターのホームページから印刷することができます、次に定額小為替証書1000円分、本人確認資料をすべて封筒に入れ一般社団法人全国銀行協会全国銀行個人信用情報センター宛に送ります、こちらも1週間から10日前後で自宅に届きます。

信用情報でブラックかどうかを確認

自宅に信用情報が届いたら早速自分がブラックかどうかを確認しましょう、まず最初にどこを確認すればよいかというと26の「返済状況」です。この返済状況に「異動」という文字がないかをみましょう、この異動というものは61日以上または3ヶ月以上支払いが延滞した場合や裁判所が破産を宣告した場合などに異動の文字が入ります。この異動こそがブラックかそうでないかを判断する材料になります、この異動は『契約期間中および取引終了日から5年間』は消えません。

このように自分がブラックかどうかを確認するのと自分の異動がいつ消えるのかを知っておくようにしましょう。

ブラックでも借りれる審査の甘い金融会社紹介

ブラックでも借りれる

融資率95%!ブラックでも借りれる審査の甘い金融会社と言えばここしかありません。まずは、お気軽にご相談下さい。

公式ページはこちら⇒⇒⇒

タイトルの運営者情報

コンテンツ

ページ上部へ