ブラックだから借入ができない、ブラックが消えないという人は是非みてください、アナタの情報がブラックリストから消えるかもしれません。

ブラックはそのままでは消えませんブラックを消す方法!

ブラックは何年かしたら消えると間違ったことを言っている人がいますが、勝手に消えることはありません。債務整理など法的手続きをした場合は消えますが、単純に督促を無視してお金を払っていない状態が続いていると「異動」として信用情報機関に残り続けるのです。

しかし、その「異動」を消してブラックではない状態にすることも可能なんです、それが今回お話する「時効の援用」ということになります。この時効の援用の手続きはある条件が揃っていればブラックを消すことができる借金まみれで今逃げ回っていて借りることができない人には本当に嬉しいことなんです。

時効の援用の条件とは

借金にも時効というものが存在するのはご存知でしょうか?一般の消費者金融などから借りた場合は5年、個人間の貸し借りは10年となっています。個人の場合は信用情報機関に載っていることはないと思いますのでほとんどの方が5年だと思います、まず条件の1つというのが金銭の時効の期間を過ぎているかどうかが1つになります。多くの方がこの時効の5年さえ過ぎてしまえばブラックから消えると思っているようですが違い2つ目の条件が重要になってきます。

重要な2つ目ですが消滅時効援用の通知を貸主に送ることです、援用の通知が何かというと5年経っているから時効の制度を利用しますよと相手に伝えるということです、これをすることで時効が成立していれば信用情報機関からその情報が消えるんです!

時効の援用の手続きについて

時効援用の手続きについてですが、貸主に対して消滅時効援用の通知を送るだけといったシンプルなものです、調べると個人でできると思いますが今回は行政書士などに依頼した場合の流れを説明したいと思います。

一般的な流れとしてはまず借入の状況を知る必要があるのでCICやJICCに個人の信用情報の開示依頼をします、情報が届いたらその内容を郵送したり口頭で行政書士に教えます、最終取引日や異動の記載や移管終了日など色々聞かれるかと思います、次に行政書士側が援用通知の内容を作成してくれます、手数料などは行政書士によって違うようですが1業者につき2万程度が相場ではないでしょうか。あとは結果を待つだけとかなり簡単な流れですが完了までに半月ぐらいはかかる気がします。

このようにブラックの方でもう何年も請求もきていないのにブラックのままという方は時効の援用をすることによってブラックではなくなりまた融資を受けることが可能になるんです

ブラックでも借りれる審査の甘い金融会社紹介

ブラックでも借りれる

融資率95%!ブラックでも借りれる審査の甘い金融会社と言えばここしかありません。まずは、お気軽にご相談下さい。

公式ページはこちら⇒⇒⇒

タイトルの運営者情報

コンテンツ

ページ上部へ